twitter

 
COUNTER1635846

オンライン状況

オンラインユーザー10人
ログインユーザー0人

大会結果を掲載します

栄光の記録 >> 記事詳細

2024/06/21

第77回千葉県高等学校総合体育大会剣道大会 女子団体の部

Tweet ThisSend to Facebook | by:千高剣

令和6年6月21日(金)
於:重兵衛スポーツフィールド中台体育館

 

【女子団体戦結果】

 

優 勝 東海大浦安高校

第2位 翔凜高校

第3位 拓殖大紅陵高校

第3位 東海大市原望洋高校

 

【女子団体決勝戦戦評】

女子団体戦決勝は、東海大浦安高校と翔凜高校による対戦となった。

先鋒戦、山口選手(東海大浦安)と小沼選手(翔凜)の対戦は、有効打突無く引き分け。

次鋒戦、長崎選手(東海大浦安)と下村選手(翔凜)の対戦は、有効打突無く引き分け。

中堅戦、小久保選手(東海大浦安)と高島選手(翔凜)の対戦は、高島選手が小手を決め、一本勝ち。

副将戦、中平選手(東海大浦安)と苅部選手(翔凜)の対戦は、有効打突無く引き分け。

大将戦、清水選手(東海大浦安)と新納選手(翔凜)の対戦は、清水選手が突きを決め、一本先取。その後、面返し胴を決め二本勝ち。

1対1(本数2対1)で、東海大浦安高校が初優勝を収めた。

 

【優勝監督コメント 榊 悌宏 先生】

女子部として再創部から5年目で初優勝することができ大変嬉しく思います。この2年間、先輩達が決勝で敗れた悔しさを忘れず努力してくれました。3年生にとっては負ければ引退のプレッシャーからか精彩を欠き、厳しい試合の連続でした。決勝戦は中盤に先行される苦しい試合展開でしたが、大将の捨て身の技が決まり逆転優勝することができました。春の全国選抜はベスト8ながら2年生3名のチームで、全国トップレベルとの実力差はありますが、残された時間にしっかり鍛えてインターハイで活躍できるように頑張ります。

 

【主将コメント 中平 実夢 選手】

男子が昨日優勝したので、私達も男子に続くように頑張ろうと話し合いました。現チームは新人戦と関東予選に優勝していましたが、負けたくない気持ちがプレッシャーになり苦しい試合の連続でした。過去2年間決勝で敗れましたが、女子部もインターハイ出場を目指して厳しい稽古にも取り組みました。一緒に稽古する仲間や指導してくださる先生方やOB・OGの先輩方、支えてくれている保護者や後援会の皆様のおかげで優勝することができました。インターハイは初出場ですが、千葉県代表として上位進出を目指して頑張ります。

 

R6総体団体 女子.pdf

 

 


15:36 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
トップページ |  行事予定 |  高体連ニュース |  試合速報 |  栄光の記録 |  リンク
千葉県高校体育連盟剣道専門部